最新情報






※少しずつ足してゆきますので 気長にお待ちください・・・┏○ペコリン

研磨方法とか箱出しの手順とかは
↓↓↓


ページの1番上に戻ります♪ 
  ミルカ社 
Abralon(アブラロン)パット


平滑面と輪郭面の研磨作業のために開発された
ユニークな多機能研磨材です。
ミルカ社が特許を有する柔軟構造によって、傾斜面や端部でも
スムーズなサンディングパターンが得られ、圧力痕が残る危険も
最小限に抑えています。柔軟性のある織りになっているため、
水分や空気が自由に透過し、手作業による研磨にも適しています。
柔らかなスポンジフォームによって、深い傷が入らないのが特徴です。


素材:ウレタンスポンジ一体タイプ
粒種:炭化ケイ素
(シリコンカーバイド)
粒度範囲:180, 360, 500, 600, 1000, 2000, 3000, 4000

研磨パワー:★★★★★ 新品の時は、とっても良く削れます!
耐久性:★★☆☆☆ だんだんと削れなくなっていきます。
コスト:★★★★★ 1枚600円(税別)〜250円(税別)前後で購入可能


  ミルカ社 
Abranet(アブラネット)


ミルカ社オリジナルの多機能サンディングネット研磨材で、
性能が高く、従来の研磨布紙より寿命が長い
からまず研磨力が高いメッシュフィルム状のサンドペーパー
長寿命(従来の5〜10倍の使用に耐える) 目詰まりもありません。
メッシュという素材の特性を生かして抜群の吸塵性能を発揮します。

素材:網状のポリアミド布
粒種:酸化アルミニウム
粒度範囲:P80、P120、P180、P240、P320, P400, P600、P800、P1000
       P80からあるのでキズ取りも使用可能
研磨パワー:★★★★☆ こちらも良く削れます。
耐久性:★★★☆☆ メッシュになっていて目が詰まりません
コスト:★★★★★ 1枚 100円(税別)前後で購入可能

  ミルカ社 
Abranetsoft(アブラネットソフト)

 

サンディングネットと薄い発泡体層の組合せにより
目詰まりを最小限に抑えるために開発されました。
Abranet Softは、この発泡体層と開放的な構造によって、
容易に表面の輪郭に沿った研磨ができます。
研磨作業中に粉塵が発泡体層に集まるため、
スムーズな表面仕上げが得られます。

素材:PAネット/発泡体
粒種:酸化アルミニウム
粒度範囲:P320, P500, P800, P1000、P1500

研磨パワー:★★★★☆  ソフトな研磨が可能です。
耐久性:★★★☆☆ 長く粒度が変わらず使えて表面調整にはgood
コスト:★★★★☆ 1枚 700円(税別)〜300円(税別)前後で購入可能

  スイス・Sia(シア)社
マイクロパット(日本だけの名称)
正式名称(siaair velvet)(シアエア ベルベット)


特徴
粉塵がベルベットの網目やスポンジの隙間に入り込むの で、集塵しなくても目詰まりしにくい。
長寿命で、水で洗って10回以上繰り返し使えます。
スポンジクッション構造により、均等に圧力がかかるの で、削り過ぎや深い傷を作りません。

素材:ウレタンスポンジ一体タイプ
粒種:酸化アルミニウム
粒度範囲:240#, 360#, 500#, 1000#, 2000#, 4000#
マイクロパットは、他社製品と同量の粒子ながらその一粒一粒がとても均質です。

研磨パワー:★★★★☆ ソフトだけどよく削れます。 注 アブラロンより削れない
耐久性:★★★★☆ アブラロンより耐久性はあります。
コスト:★★★★☆ 1枚600円(税別)〜300円(税別)前後で購入可能

  2019年4月登場
ヨースト社・ユージットパッド

(Jost Useit Superfinishing Pad SG3)
公式ページ



下記はSG2の拡大図ですが上位グレードのSG3も同様だと思われます



素材:ウレタンスポンジ一体タイプ

粒種:砥粒は酸化アルミナより硬く鋭いシリコンカーバイトを採用
粒度範囲:240番、360番、500番、600番、800番、
      1000番、1500番、2000番、3000番、4000番

研磨パワー:★★★★★ 新品の時は、とっても良く削れます!
耐久性:★★☆☆☆ だんだんと削れなくなっていきます。
コスト:★★★★★ 1枚500円(税別)〜250円(税別)前後で購入可能


   900Global社NEAT(ニート) 2011年登場 
(ダイフクプラスモアが製作したPDF@)
(ダイフクプラスモアのサイトのPDF)


“NEAT”とは、新しいナチュラル仕上げ設計の研磨テクノロジー
(Natural Engineered Abrasive Technology)で、
ボウリングボールに美しい表面と必要な表面凹凸を同時に提供します
NEAT”サンディングパッドは4つの表面粗度数値を操り、
ボウリングボールのモーションとパフォーマンスを最大化してくれます。
パッドは、ボウリングボール全面でより均一な表面を保ち、
表面粗度をより大きくするにも関わらず、美しい見た目を保ちます。
加えて、商品寿命も他社の研磨材に比べ、50%伸びます。


表面粗度パラメータ
NEAT
特徴
T”
見た目はコンパウンド/ポリッシュ仕上げ;
Ra値は4000番アブラロンと同等;
山の先端から谷底までの高低差(Ry)は
4000番アブラロンよりも大きくなり、摩擦が増す
A”
見た目は4000番アブラロン仕上げ;
Ra値は4000番と2000番アブラロンの中間;
Ry値は4000番アブラロンよりも大きくなり、摩擦が増す
E”
見た目は2000番;Ra値は2000番よりも高い;
Ry値は2000番と1000番アブラロンの中間で、
より山が多く摩擦も強まる
N”
見た目は1000番アブラロン仕上げ;
Raは1000番アブラロンよりも高い;
Ryは1000番アブラロンよりも高く、より山が多く摩擦も強まる

データー
“N” = 60u 3M Trizact + 50u 3M Trizact + 40u 3M Trizact +30u 3M Trizact + “N” Black
“E” = 60u 3M Trizact + 40u 3M Trizact + 20u 3M Trizact + “E” Blue
“A” = 50u 3M Trizact + 30u 3M Trizact + 20u 3M Trizact +5u 3M Trizact + “A” Green
“T” = 50u 3M Trizact + 30u 3M Trizact + 20u 3M Trizact +5u 3M Trizact + “T” Yellow
** u = micron** (単位:ミクロン)
** 60u ~ = 220 grit; 50u ~ = 240 grit; 40u ~ = 280 grit; 30u ~ = 340 grit;
20u ~ = 500 grit; 10u ~ = 1000 grit; 5u ~ = 1500 to 2000 grit **


3M Trizactは、3M社の研磨材です
詳しくはhttp://www.mmm.co.jp/asd/outline/trizact/index.html

立体ピラミッド構造の表面パターンを持つ新しい研磨材
規則正しい表面パターンにより、非常に精細で安定した研磨目が得られます。
また凹凸のあるパターン構造により目詰りしにくく耐久性に優れています

粒種:酸化アルミニウム

研磨パワー:★★★☆☆ そこそこよく削れます。 
耐久性:★★★★☆ アブラロンより耐久性はあります。
コスト:★☆☆☆☆ 1枚900円(税別)前後で購入可能


  900Global社ICE(アイス) 2017年9月登場
 ICE Surface Technology
公式(https://www.900global.com/newglobalshop/?page_id=9289)

以下、サイトの翻訳を解かりやすいようにまとめたもの

「ICE」は、「NEAT」と同様にカバーストックの表面に均一な間隔で制御された
Ra(ラフネスアベレージ)の山と谷を作りこみます。

単層のミクログレードのグレインは一貫した切断率をもたらしますが、
メッシュバックの改善により、ゴミの配置間にゴミがトラップされないようにします。
特定の粒子はまた、静電的に被覆されて、切削プロセスおよび得られる表面を最適化するために、
最も鋭い点を切削面に向ける。
(均一な切断率を持ちつつ、ゴミが詰まりにくく、常に角があるのでよく削れるという意味かな〜)


これまでの「NEAT」サンディングプロセスと同様に、カバーストック表面の
審美的視覚的魅力を犠牲にすることなく、
特定のグリットレベルごとにRa値を最大化および最適化するための「ICE」システムが開発されました。
「ICE」でサンディングすると滑らかで光沢があるように見えるが高いRa値が作りこまれる。
(カバーストックの表面は光っているが凹凸はちゃんとあるという意味だと思います。)


「ICE」サンディングプロセスには、
3つのユニークなエンジニアリングパッドがあります。
視覚的外観を犠牲にすることなく、パッドはボーリングボール表面の潜在的なピークと谷を最大にし、
競合する研磨製品と比較してレーンに接触する粗面を可能にする。
下の図は、「ICE」パッドのそれぞれを示しています。




ICEと従来の比較
「ICE」と従来のボウリングサンディング砥石との3D拡大図
(左) ICE             (右)従来





「ICE」&「NEAT」表面粗さデータ



Ra(ラフネスアベレージ)  研磨後の外観
ポリッシュ 6.73  
”E” 15.33  ミディアム
コンパウンド
ライトポリッシュ
NEAT-"T" 14.49
"C" 20.38  3000-4000
アブラロン
NEAT-"A" 20.79
 "I" 24.29  2000
アブラロン
 NEAT-"E" 25.19






表面粗度パラメータ
ICE
特徴
I”
最も粗いパッド
(Blue-1500グリット)
C”
中間のパッド
(Magenta-2000グリット)
E”
最もスムーズなパッド
(Green-3000グリット)

データー
“I” = 60u 3M Trizact + 40u 3M Trizact + 20u 3M Trizact + “I” Blue
“C” = 50u 3M Trizact + 30u 3M Trizact + 20u 3M Trizact +5u 3M Trizact + “C” Magenta
“E” = 60u 3M Trizact + 30u 3M Trizact + 20u 3M Trizact +5u 3M Trizact + “E” Green

** u = micron **(単位:ミクロン)
** 60u ~ = 220 grit; 50u ~ = 240 grit; 40u ~ = 280 grit; 30u ~ = 340 grit;
20u ~ = 500 grit..10u ~ = 1000 grit; 5u ~ = 1500 to 2000 grit **

プロショップで利用可能なのは2017年9月1日


短くまとめると
ニートより耐久性があり
ニートと同様 均一な仕上がり
見た目は光ってるが、凹凸はちゃんと形成される
(光ってるが 噛むって感じですかね〜)
お値段は、若干高めだと予想します。
  3M社スコッチ・ブライト(スコッチメッシュ)
くわしくはhttp://www.mmm.co.jp/asd/outline/unwoven_cloth/index.html

いわゆる、ナイロンたわしですね
ナイロン不織布に研磨砥粒を均一に塗布・接着した3次元構造をもつ研磨材です。
※砥粒の種類 酸化アルミニウム 又はシリコンカーバイド
120#〜800#
ボウリング用に販売してたのは円(税別)形のものでした
わりと耐久性はあるのですが研磨目が均等にでないので
現在ではメーカーの箱だしには使わなくなりました。
キズ取りの前段階専用に使うのも良いかもしれませんね

 
  酸化アルミニウム(アルミナ)の特徴

サンディングしていくにつれて砕けていき、
シャープな表面になります。
酸化アルミニウムの粒子はボール表面から
それほど深くまで入り込まないので
消せないほどの引っかき傷は出来ません。
  炭化ケイ素(シリコンカーバイド)の特徴

炭化ケイ素は、非常にシャープでもろく硬いものです
そのため、粒子が砕けるたびにシャープさを失っていきます
深く入り込むので荒めのパットを使うと番手の目を消すのに苦労したりします。

ページの1番上に戻ります♪


ページの1番上に戻ります♪
Powerhouse Factory Finish Polish
(パワーハウス ファクトリーフィニッシュポリッシュ)


すべてのボウリングボールにご使用いただけます。
ボウラーご自身でお手軽に効果的なポリッシングが可能です。
少量で効果を発揮。元々の工場仕上げリアクションを復元させます
超微粒子高品質研磨剤。ポリッシュ仕上げの表面加工にお勧め研磨剤。
リアクションを長持ちさせる工場仕上げ。
サンディングパッドを使用して仕上げに使用する事をお勧めします。
曲がり過ぎやキレ過ぎのボールには効果大。
使用することでバックエンドのキレも増大します。
香りは無し

スキット 増加
バックエンド 増加
全体のフック 変化ナシ
Powerhouse Magic Shine
(パワーハウス マジックシャイン)


長持ちする高い輝きとスムーズなボール表面は、スキッド効果と
バックエンドリアクションの増強に威力を発揮します。
超微粒子高品質研磨剤。ポリッシュ仕上げの表面加工にお勧め研磨剤。オレンジの香り付き。
サンディングパッドを使用して仕上げに使用する事をお勧めします。
使用することでバックエンドのキレも増大します。

スキット 増加
バックエンド 増加
全体のフック 変化ナシ
Powerhouse Extender Polish
(パワーハウス エクステンダーポリッシュ)


非常の粒子の細かいポリッシングコンパウンドは、
800グリットAbralonR表面から研磨目を研磨除去
スキッド効果をより強くしたいと感じたときはこれ。
超微粒子高品質研磨剤。ポリッシュ仕上げの表面加工にお勧め研磨剤。
サンディングパッドを使用して仕上げに使用する事をお勧めします。
曲がり過ぎやキレ過ぎのボールには効果大。
使用することでややバックエンドのキレがおとなしくなります。

スキット 増加
バックエンド 減少
全体のフック 減少
  Powerhouse Clean n’ Sheen
(パワーハウス クリーンN 'シーン)


その最終的なサンディング段階から1500グリットコンパウンド仕上げになります。
500グリットAbralonR表面から研磨目を研磨除去
他のコンパウンドより荒めのコンパウンドで
アブラロン#500を4面かけて、その後4面ポリッシュすることで
程よいスキッドとキャリーダウンに負けないキレを作ることが出来ます。


スキット 増加
バックエンド 増加
全体のフック 変化ナシ
Powerhouse Delayed Reaction
(パワーハウス ディレイドリアクション)


スキッドを伸ばし、バックエンドでの過激な反応を抑える効果があります
ドライコンディション用ボールにお勧めです
グレープの香り

スキット 増加
バックエンド 減少
全体のフック 減少
  Powerhouse Reaction Plus
(パワーハウス リアクションプラス)


ワンステップの作業でミディアムポリッシュが仕上がります
スキッド&スナップのリアクションを増強させたい時にお勧め
USBC承認済

スキット 増加
バックエンド ----
全体のフック 増加
  3M フィニッシングコンパウンド 13084 (81235)
"Finesse-It"(フィネッセ・イット)は、アメリカの「3M社」によって開発された、
シリコンもワックスも含有しない極微メッシュのコンパウンドです。
ポリエステル製、ウレタン製、リアクティブウレタン製等、あらゆる
種類のボウリングボールのポリッシングに、絶大な効果を発揮します。
(写真 左から1ガロン入り 3.7リットル 32オンス入り 100cc入り)

手磨きでも、スピナーでの磨きでも、他の研磨剤とは比較にならない、
すばらしい光沢・つやを引き出します。

ボールをサンドペーパーや研磨液で磨き上げた後、最後の仕上げに
本商品をほんの少量ボール表面全体に塗り拡げて、柔らかい布(又は
スポンジ)で磨きます。ボール表面は実に滑らかになり、得も言われぬ
美しい光沢と「シットリしたウェット感」が生まれます。

ABSの「ボールクリニック&ボールドクター」
ストームの「サーフェースファクトリーシリーズ」に
採用されてる安価で汎用性が高いコンパウンドです。

研磨剤が少なめで削り過ぎなくて丁度良い
スキッドを増加させ、バックエンドリアクションの反応を抑える仕上がり 
  ABS ダイヤモンドコンパウンド

研磨能力に優れておりすばやく表面の光沢を出す事が出来ます。
10,000番の非常に細かい粒子がボールに輝きをもたらせます。
NON Silicon / NON wax の為、表面に油膜が付かず
施工後すぐに投球してもレーンキャッチを妨げません。
アキュライン8Plus や Premium でも使用されていたコンパウンドです。

   ストーム プロフィニッシュコンパウンド ステップ1

ストーム社製コンパウンド
ステップ1 : フィニッシュ 220-800 グリット

   ストーム プロフィニッシュコンパウンド ステップ2

ストーム社製コンパウンド
ステップ2 : フィニッシュ 320-1500 グリット

   ストーム プロフィニッシュコンパウンド ステップ3

ストーム社製コンパウンド
ステップ3 : フィニッシュ 1500-2500 グリット

   BWハイグロスポリッシュ

#1000〜#1500と同等の仕上がり

   BWラフバフポリッシュ

ベースは#800仕上げ

  BW 「ロイヤルシャイン」
ブランズウィックの工場で使われている
ハイパフォーマンスポリッシュ
5,000番相当の研磨剤なので、
球速が遅くて曲がり過ぎてしまうボウラーや高回転ボウラーに適した表面加工を施します。

 
バックエンドで強いフリップを保ちながら、ヘッドとミッドレーンを抜ける極めて優れたスキッドを作り出します。
リアクティブ、ウレタンとプラスチックボール用の多目的ポリッシュです。
ブランズウィック工場で利用されているフィニッシュの見た目と性能を再現します。
粘着性を復元し、小さな傷であれば取り除けます。
ボールスピナーにかけてもかけなくても効果抜群です。
USBC認定競技の前後の使用にふさわしいです。

使用する前によく振ってください。業務用ボールスピナーとの組み合わせで最良の効果が得られます。
木綿タオルに多めのポリッシュ剤を付け、スムーズで均一な力でボールに塗布し、磨きながら力を増やしていきます。
次に残ったポリッシュ剤をきれいな木綿タオルでしっかりと磨き込んでいきます。
「ロイヤルシャイン」が早めに乾いて来たら適宜水をスプレーします。
完璧にポリッシュするにはボールを磨く面を4つに分けます。
最初にボールの上半分をポリッシュし、次に下半分をポリッシュします。
続いて、片面をポリッシュするためボールを半回転させ、最後にボールを完全に回してもう片面をポリッシュします。
  BW「ロイヤルコンパウンド」
ブランズウィックの工場で使われている
ハイパフォーマンスポリッシュ
2,500番相当の研磨剤なので、
キャッチ力と走りを両立させたい時に使います。

 
ヘッドを抜けるスキッドと、バックエンドで強いアークを保ちながらミッドレーンでトラクションを作り出します。
リアクティブ、ウレタンとプラスチックボール用の多目的ポリッシュです。
ブランズウィック工場で利用されているフィニッシュの見た目と性能を再現します。
粘着性を復元し、小さな傷であれば取り除けます。
ボールスピナーにかけてもかけなくても効果抜群です。
USBC認定競技の前後の使用にふさわしいです。

使用する前によく振ってください。業務用ボールスピナーとの組み合わせで最良の効果が得られます。
木綿タオルに多めのポリッシュ剤を付け、スムーズで均一な力でボールに塗布し、磨きながら力を増やしていきます。
次に残ったポリッシュ剤をきれいな木綿タオルでしっかりと磨き込んでいきます。
「ロイヤルコンパウンド」が早めに乾いて来たら適宜水をスプレーします。
完璧にポリッシュするにはボールを磨く面を4つに分けます。
最初にボールの上半分をポリッシュし、次に下半分をポリッシュします。
続いて、片面をポリッシュするためボールを半回転させ、最後にボールを完全に回してもう片面をポリッシュします。


   

ページの1番上に戻ります♪




  ページの1番上に戻ります♪

酸化アルミナの特徴


サンディングしていくにつれて砕けていき、
シャープな表面になります。
酸化アルミニウムの粒子はボール表面から
それほど深くまで入り込まないので
消せないほどの引っかき傷は出来ません。 

ザクザク削れないけど長持ちする

炭化ケイ素の特徴


炭化ケイ素は、非常にシャープでもろく硬いものです
そのため、粒子が砕けるたびにシャープさを失っていきます
深く入り込むので荒めのパットを使うと番手の目を消すのに苦労したりします。

ザクザク削れるけど、持ちがあまりよくない
   









ページの1番上に戻ります♪